ブログ

ブログ初心者 ブログの記事の書き方・大前提で大事なこと

Pocket

 

Nana
Nana
こんにちは!ナナです!

 

 

この記事では、

ブログ初心者

ブログ記事の書き方・大前提で大事なこと

についてご紹介したいと思います。

 

 

私は現在とにかく「記事を書く」だけを意識して、

そんなに記事の構成を気にしたことはありませんでした…。

 

しかしこれからも読んでみたいというブログを

目指していくためにも、「記事の書き方」は

改めて知るべきだと思いました。

 

なので今回はブログの書き方を

知りたくて色々調べたので、

ブログの書き方を知りたい

という方の参考になれば幸いです。

 

 

まず先にそのブログの書き方の一例の紹介ですが、

  1. 記事タイトル→導入文(記事の始め)
  2. 本文(細かいタイトル)
  3. 最後にまとめの見出し

という流れになっていきます。

 

結構簡単に意識するだけでも、変わると思いますので、

この記事を読んでいただいて、

少しでも記事の書き方の参考に慣れれば幸いです。

 

 

ではこの三つの項目をそれぞれざっくり解説していきます。

記事タイトル→導入文(記事の始め)

 

Nana
Nana
アクセスしてもらう・記事を読んでもらうという点で

一番大事なところです!

 

自分の記事にアクセスしてくれた、といっても、

その記事を最後まで読むのは、

この記事タイトルと導入文でいかに

「読者様に興味を持ってもらえるか」

これでそのまま読まれる記事なのかが決まります。

 

 

なのでここの記事タイトルとその導入文はすごく大事です。

 

メインの記事タイトルにはキーワードを入れる(2つ以上)

 

このキーワードの見つけ方がわからないという方に

オススメの方法があります。

 

それは、Googleやyahoo!の検索エンジンで

実際に自分が今から書こうとしている記事のキーワードを

検索してみてください。

 

今回の私の記事の場合ですと、

「ブログ初心者 記事 書き方」

こちらがキーワードになります。

 

 

実際にGoogleの検索エンジンで検索してみますと、

「ブログ初心者」「スペース」

と検索すると、ここに自動で検索候補見たいのが出てきます。

 

なのでこちらの検索候補を参考にキーワードを

自分で決めるのも一つの手段です。

 

上位に出てくる候補ほど、

世の中が求めている需要の高い知りたいことだと思います。

 

 

この記事タイトルのキーワード設定はとても重要ですので、

  1. 「こんにちは」
  2. 「今日の日記」
  3. 「最近の出来事」

こんな感じのタイトルはなるべく避けましょう。

 

 

タイトルにキーワードを入れることで、

その記事で何を伝えたいのか

が一目で伝わるようなタイトルにしましょう。

 

例えばTwitter

 

Twitterなどでも記事更新ツイートなどを

したときも

「タイトルで興味を持ってもらう」

ということはすごく大事です。

 

興味があればアクセスしてくれるからです。

 

逆の立場だったら、そう思いませんか?

興味のある記事は知らない人でも

ツイツイ読みたくなります。

 

逆に先ほどみたいな、

  1. 「こんにちは」
  2. 「今日の日記」
  3. 「最近の出来事」

みたいなタイトルでしたら相当なファンではない限り、

興味が持てないですよね。

 

そして

キーワードを意識することで、

検索エンジンで検索されやすくなるキッカケにもなります。

検索エンジンで検索されれば、自然にアクセス数も増えます。

 

導入文でさらに読者に興味を持ってもらう

 

記事タイトルで興味を持ってアクセスしてきてくれたのに、

導入文で微妙な感じで、

なんか思ってたのと違う

と感じさせてしまったら、

そのままその記事から離脱してしまいます。

 

さらにここの導入文で興味を持ってもらいましょう。

 

  • まず記事の説明
    何について記事を書くのか?
  • 悩み・疑問の共感
    読者の悩みや疑問を理解する
  • 悩み・疑問の解決策
    その悩みや疑問を解決する解決策を提示する

 

例えば今回の私の記事ですと、、

記事の説明
初心者がブログを始めようと思ったとき、
どのような流れで文章を書いていけばいいのか?を
ご紹介したいと思います。

  • 悩み・疑問の共感
    私は現在とにかく「記事を書く」だけを意識して、
    そんなに記事の構成を気にしたことはありませんでした…。
  • 悩み・疑問の解決策
    記事の書き方の紹介

 

私の今回の場合は特に解決策の部分が薄いと思います…。

 

あんまり実績のない参考で信頼性はないですが、

導入部分はとても大事なものというのは、

実際に私が他の方のブログ記事を見ていても、

感じるところです。

 

導入文で「読者様に興味をもってもらう」ということを、

これから私もカナリ気持ち込めて書いていきます!

 

本文(細かいタイトル)

 

構造はだいたいこんな感じです。

 

h1 記事タイトル
h2 記事内の見出しタイトル
h3 h2よりさらに細かい小さなタイトル

 

  1. 見出しはわかりやすく
  2. その記事のタイトルのキーワードを意識する

 

そして目次の見出し全体を流し見しただけでも、

その記事の意味が伝わるようにしてみてください。

 

時間がない人や、そこだけ知りたい!って方ももちろんいますので、

それがパッと見の目次でわかれば、

わざわざ自分でスクロールする必要も無くなりますから、

読者様にとっては、とても楽だしありがたいことだと思います。

 

 

私もまだまだ勉強は必要なところです…。

 

最後にまとめの見出し

 

最後のその記事のまとめの見出しです。

 

ここのポイントとしては

一度最初に戻って

導入文(悩みの共感・解決策)

をここで一度書くことです。

最後のおさらい部分である、まとめで

「そもそもこの記事はなんの記事だったっけ?」

と読者様に思い出して欲しいからです。

 

記事を読んでいるとだんだん、

何の悩みがあってこの記事を読んでいるのか?

という”忘れ”が出てきます。笑

 

私も結構よくあります。

結局なんの記事だっけ?みたいなことが。笑

 

それを防ぐためにも、その記事の復習も兼ねて、

最後にその記事内でまとめておくと

スッキリとした気持ちで終われますよね。

 

ブログ記事のテンプレート まとめ

 

とことで今回の記事では、

「ブログ初心者 ブログの書き方」

をご紹介させていただきました。

 

大きく分けてこの三つです。

  1. 記事タイトル→導入文
  2. 本文→見出しの設定
  3. 最後にまとめの見出し

 

そして導入文の部分をさらに細かく解説しますと、

  1. まず記事の全体像
    この記事では”アレ”について紹介します
  2. 悩み・疑問の共感
    ”アレ”ってよく分からないですよね?
    ”アレ”てなんなんですかね?
  3. 悩み・疑問の解決策
    ”アレ”をやったら解決できました!
    ”アレ”がオススメでした。
    なので”アレ”について解説していきます!

という感じになります。

 

あくまでもこれは私個人の一例です。

 

 

最後の最後に何よりも一番意識すること

 

Nana
Nana
大前提として一番大事なことです

 

今までこんなテンプレートの話をしてきているんですが、

大前提として伝えたいことがあります。

 

 

それは、

その記事に自分の熱量(魂)を持って書くことです。

 

 

これを教わったのは、両学長という方のYouTube動画からです

 

 

「儲かるサイトの作り方」というタイトルですが、

全てにおいて汎用性のあるめちゃめちゃ有益な動画となっています。

 

魂を込めたサイトを作りましょう

 

見る人の気持ちになって

どんなサイトなら楽しめるか

どんな記事なら嬉しいのか

どんな情報があれば助かるのか

自分自身が楽しめるのか

熱量を持ってGIVEしましょう

 

 

初心者の私にはSEOとかさっぱりわかりませんが、

「熱量を持って記事を書く」というのは

この動画を公開されてから、常に意識していることです。

 

と言っても、まだまだすぎるのですが。

 

本当に大切なことを知れるオススメな動画です。

ぜひまだ見てないという方がいましたら、見てみてください!

 

 

Nana
Nana
私も引き続き頑張っていきます

 

ではまた次回の記事で会いましょうー!