暮らし

早起き苦手を克服するため意識した6つのこと 

Pocket

Nana
Nana
こんにちは!ななです!

「早起きしたいけど長続きしないな〜」

「早起きするようにアラームも設定したけど結局二度寝しちゃう〜」

早起きが苦手な人は結構多いのではないでしょうか。

もちろん私もその一人です。笑

本記事では早起きが苦手だった私が早起きするために意識したことについて話したいと思います!

あくまでも私の個人的な意識ですので、

これが世の中的に正しいということでは全くありません

そして大前提としてなぜ早起きをするのか?を考えないと、なかなか継続できません。

早起き苦手を克服するために意識した6つのこと

 

朝が苦手だった私が意識したことはコチラです!

  1. 寝不足は厳禁(6-8時間は寝る)
  2. 寝る前に朝やりたいことを整理して寝る
  3. 10分〜15分間隔で起きる時間を早めていった
  4. 朝、アラームが鳴ったらすぐ起き上がる
  5. 朝起きたらまずカーテンを開けて部屋を明るくする
  6. 早い段階で、パジャマから部屋着に着替える

 

まず大前提として寝不足状態での、早起きは絶対に続きません。

だって絶対朝、眠いですもん。。笑

短時間でも熟睡できる3つの方法
【熟睡】短時間でも深い睡眠はできる!誰でも簡単にできる3つの方法最近、熟睡できていますか?「寝ても寝ても寝たりない」「朝スッキリ起きられない」「睡眠時間が確保できない」これらの悩みは睡眠の質を上げて熟睡することができれば解決できます。本記事では誰でも今日からできる「短時間でも熟睡できる3つの方法」を解説しています。ちょっとした工夫で良質な睡眠を取っていきましょう。...

寝る前に朝やりたいことを整理して寝る

 

これは、朝起きて、
「うぅううううぅ眠イィいいいい」
ってなった時に、

夜寝る前にやりたいことを整理しておくと、

「あ!あれやるんだ!」

ってなって、起きよっっっ!となります。笑

10分〜15分間隔で起きる時間を早めていった

 

これも実体験ですが、
いきなり、

「明日1時間早く起きよう!!!!」

っと意気込んでも
仮に次の日に起きれても、
なかなか継続できませんでした。

「今日はもう少し寝よう…」

っとなりました。笑

 

なので、無理のない範囲で、
少しづつ早くアラームを設定しました。

10分〜15分間隔ぐらいです。

その時間に起きるの慣れてきたら、

また10分ぐらい早く起きてみる

この繰り返しです。

 

ちなみに私は朝活する前は8時過ぎに起きていました。

それが今、少しづつ起きる時間を早くして最近は5時15分〜5時30分ぐらいに起床しています。笑

少し省略して最後にコチラです。↓

早い段階で、パジャマから部屋着に着替える

私の場合、

朝起きて、
歯と顔を洗った後か、
もしくはその前に着替えます。

いつまでもパジャマでいると

なんだかダラける気がして

シャキッと気落ちを切り替えるためにも、

起きてすぐ着替えることを意識しています!

 

以前の私(朝活する前)

 

私はもともと10時間ぐらい寝るタイプでした。

もちろん早起きすごく苦手でした。

 

仕事から帰宅後、予定も何もない日は

22時までに寝ていることも多々ありました。

からの朝は、

出勤する1時間前ぐらいに起きて、

バタバタ支度して出勤

という感じで、

10時間睡眠とかの日々でした

 

 

そして休みの日は、

平気でお昼まで寝てることもありました。

 

朝起きて、

「仕事だ!!」

っと思ったら、

休みだった。

というパターンが至福でした。笑

二度寝は本当至福です。笑

 

なぜ早起きするようになったのか

 

最初の方に、大前提として、

早起きする理由はなんなのか?

を考えるのが大事と言いましたが、

 

私の場合ですと、

 

自己投資の時間を作りたいから

これです。

 

なぜ自己投資の時間を作りたいのか?

自分の目標を達成するため

です!

 

そして勉強するなら、

脳みそも疲れていない朝がいい

と思ったからです!

 

個人的には、

夜更かしをして勉強するより、

朝勉強した方が頭に入るタイプ

ということもありまして、

朝の時間を確保するために

早起きしよう、と決めました。

まとめ:徐々に苦手な早起きを克服していこう!

今日は早起きが苦手だった私が朝の時間を自己投資の時間にするため早起きを意識したことを紹介しました!

  1. 寝不足は厳禁(6-8時間は寝る)
  2. 寝る前に朝やりたいことを整理して寝る
  3. 10分〜15分間隔で起きる時間を早めていった
  4. 朝、アラームが鳴ったらすぐ起き上がる
  5. 朝起きたらまずカーテンを開けて部屋を明るくする
  6. 早い段階で、パジャマから部屋着に着替える

ここまで、長々と話してきましたが、

 

朝活する上で、大事なことは継続して続けていくことです!

 

だからこそ頑張りすぎずに、自分なりのペースで早起きを続けていくのをオススメします♫

私も引き続き継続して早起き続けていきます♫

 

Nana
Nana
少しでも参考になれば幸いです。

ではまた次回の記事で会いましょうー!