ブログ

【ads.txt 警告文】が表示された時の3つの要約と対処法

Pocket

 

Nana
Nana
こんにちは!ナナです!

 

本記事ではGoogleアドセンスのページ上の方に出てくる

ads.txt の警告(アズテキスト)の警告文が表示された時の3つの要約と対処法

について書いていきます。

ads.txt

先に3つの要約をまとめます。

  1. 現時点でads.txtの設置が必須ではない
  2. ads.txtを設置する場合、正しく設置する必要がある
  3. ads.txtの設置が正しくできていない場合、広告配信が止まる可能性がある
    (アカウント停止ではない)

『設置できることに越したことはないが正しく設置するの自信がなく不安なら設置する必要はない』

これが私個人が思う結論です。

私自身ads.txtの警告文を2ヶ月放置してましたが普通に収益は出ていますし、何の困ったこともありませんでした。

ではここから改めて

  • ads.txtとは何なのか?
  • 設置する場合どうしたらいいのか?
  • 正しく設置できているか確認したい場合どうすればいいのか?

について解説していきます。

ads.txtの警告文ってそもそも何なのか?

アズテキストとは
Googleアドセンスに合格してアドセンスページにいったらads.txtの警告が出てくるんだけど何だありゃ…
ads.txt

↑その警告文がこちらです。

Nana
Nana
なんですかこれはぁあ

いきなりこんな文章出てこられるとビックリしますよね。

Googleのヘルプページを見ても全く意味分かりません。

正直私も完璧によく分かりませんが、

「広告偽装を防ぐためにもads.txtを設置してくださいね」

「不正な広告所得を防止するためにもads.txtを設置してくださいね」

という警告文というよりかは「 Googleからのお知らせ」だと思って受け取りましょう。

ads.txt設置はGoogleが推奨しているもので、その警告はads.txtの設置をユーザーに促すものです。

注意点:ads.txtの警告文は2種類ある

警告文

まず先にads.txtの注意点として言いたいのが「ads.txtの警告文には2種類ある」ということです。

それぞれ対処法が変わってきますのでまず初めにここをしっかりチェックしてみてください。

2種類の警告文の表示の違い

2種類の警告文の違いは下記の通りです。

  1. AdSenseサイト運営者IDが含まれていないads.txtファイルがあります」
  2. ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください」

AdSenseサイト運営者IDが含まれていないads.txtファイルがあります」

こちらの警告文が出ている方はすぐに対処が必須になります。ads.txtの設置を強くオススメする警告文です。

 

本記事ではads.txtの設置が必須ではないads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。」の警告文に対しての解説をしていますのでご注意を。

ads.txtを設置しない判断

アズテキスト

私も色々調べads.txtを設置しようと試みましたが、私はほったらかしにしていました。

なぜほったらかしにしていたのかと言いますと「上手く設置できるか自信がない」からです。笑

冒頭でも言いましたが、ads.txtの設置するポイントが3あります。

  1. 現時点でads.txtの設置が”必須ではない”
  2. ads.txtを設置する場合、正しく設置しなければならない
  3. ads.txtが正しく設置できていない場合、広告配信が止まる”可能性がある”
Nana
Nana
正しく設置できるか不安な私は設置しないことを選びました。笑  

アドセンス合格した時って広告の設定もしたりと、新しくやることがたくさん出てきますよね。

「広告貼って〜ads.txtやって〜」という感じで上手くいけばいいんですがつまづくと、焦りからか結構萎えます。

私もads.txtはかなりつまづきました。

試みたものの上手くできていなくて萎え萎えです。

なのでとりあえず【放置】を選択しました(^O^)笑

Googleアドセンスに合格してからもうすぐ2ヶ月経とうとしていますが普通に収益も出ていますし困ったことは全くありませんでした。

ads.txt上手く貼れずにずっと悩んでいるぐらいでしたら、とりあえず放置して落ち着いてからまた再チャレンジでもいいかなと個人的には思います。

ads.txtを設置したい場合

ads.txt

設置が必須ではないといえども何だか設置しないと不安ですよね。

ads.textの設置方法はいろんなサイトで解説されていますので本記事では割愛します。

一応かなり簡単に流れを紹介しますと…↓

  1. ads.txtのファイルを作成する
  2. 作成したads.txtのファイルをサーバーに貼り付ける
  3. Googleのクローラがファイルを確認後アドセンスのホーム画面から警告が消える

私は上手くできずに諦めたのですが、、できる人は5分でてきてしまう工程です。

ads.txtを設置したい方に参考になる記事はこちらです。

ads.txtが正しく設置されている2つの確認方法

ads.txtを設置してから表示がなくなるまで最長で7日かかるケースもあるそうです。

ドメイン上に ads.txt ファイルを設定すると、Google のクローラは次のように動作します。

  • 24 時間ごとにファイルのクロールを試行します。
  • ファイルの内容を解析して、その広告枠から収益を得る権限を持つ販売者の ID を特定します。                ーGoogleヘルプページ

24時間ごとにGoogleのクローラが巡回しているのですが、その時にads.txtのファイルを分析したのち認識されると警告文が消えます。

『ads.txtを設置してもすぐにはGoogleアドセンス上での表示は消えない』ということは覚えておいてください。

認識するまでの間は正しく設置できているか不安だなぁ…”

そんな悩みを解決する方法が2つあります。

  1. Ads.txt チェッカーというツールを使う
  2. URLにhttps://◯◯.com/ads.txtを打ち込んで確認

Ads.txt チェッカーというツールを使う

ドメインというのはあなたのブログのURLです。

入力してチェックしてみてください。

ads.txt 警告文

❷URLにhttps://◯◯.com/ads.txtを打ち込んで確認

2つ目の方法としてはhttps://◯◯.com/ads.txtを打ち込んで確認する方法です。

Nana
Nana
こっちの方が簡単かも?

 

URLの欄のところにこのように入力してEnterを押してください。

Enterを押した後にこのような検索結果が出てこればOKです。↓

アズテキスト

 

まとめ:設置できるのが一番だけど不安なら様子見

設置しない

Googleアドセンスに合格してから他にもいろいろ設定する中ads.text(アドテキスト)が上手く設置できず結構萎えました。

設置したいのに上手くできないら気になって仕方なくブログ更新の妨げになったり…。

ブログ更新の妨げになるぐらい悩んでいる状態ならば、いますぐに焦って設置する必要はないかと思います。

焦らず心に余裕を持った状態で再挑戦してみてください。

最後にもう一度ads.txtの3つの要約をまとめます。

  1. 現時点でads.txtの設置が必須ではない
  2. ads.txtを設置する場合、正しく設置する必要がある
  3. ads.txtの設置が正しくできていない場合、広告配信が止まる可能性がある
    (アカウント停止ではない)

上手く設置できる自信がなく広告配信が止まる可能性があるのなら、とりあえず放置して様子を見ましょう。

再挑戦でads.txtの設置を試みるときはこちらの記事が参考になります。

 

Nana
Nana
少しでも参考になれば幸いです

ではまた次回の記事で会いましょうー!

このエントリーをはてなブックマークに追加