ブログ

Google AdSense 収益を上げ続けるために守らなければならないこと

Pocket

 

 

Nana
Nana
こんにちは!ななです!

 

今日は

Google AdSenseで

守らなければならないこと

(禁止コンテンツ・広告クリック)

について書きたいと思います!

 

 

 

 

私自身グーグルアドセンス に合格にたのは、

5日前ほどなのですが、

グーグルアドセンス に合格したことによって、

改めて、グーグルアドセンス の

ポリシー(利用規約・その他のポリシー)

その中でも今回は

禁止コンテンツと自己クリックについて

の確認をしよう!

と改めて思って色々調べましたので、

それをここでまとめてみたいと思います♬

 

 

大きくまとめて、

こちらの規約違反について紹介したいと思います!

  1. コンテンツに関する規約違反
  2. 広告にクリックに関する規約違反

 

 

規約違反・ポリシー違反するとどうなるのか?

 

 

まず初めにそもそも

規約違反・ポリシー違反だと
Googleが判断したら、どうなるのか?

について話したいと思います!

 

 

簡単に簡潔に言いますと、

 

アカウント無効になります。

 

そしてもし一度でも、

アカウントが無効・停止になってしまうと

その人はその後

AdSenseアカウントを再度取得することができません!

 

なんという恐ろしいことでしょうか。。。

 

 

大丈夫だ、と思っていたことでも、実はポリシー違反で、

残念ながらアカウント停止になってしまったっということに

ならないためにも、

ポリシー違反は絶対に避けたいものです。

 

 

googleにはどんな規約違反があるのか?

 

Googleに規約違反だと判断されると、

アカウントが無効になるという

悲しすぎる事実を確認したところで、

どんな規約違反があるのか、

確認していきましょう!

 

今回はコンテンツに関する規約違反と

クリックに関する規約違反を

紹介していきます!

 

コンテンツ(記事)に関する規約違反

 

まず最初にコンテンツ(記事)に関する規約違反から

確認していきます!

 

  1. アダルト
    (ポルノ・アダルト・成人向け)
  2. 危険ドラッグ・薬物
    (損害・損傷・危害)
  3. ヘルスケア
    (ヘルスケア・医薬品)
  4. 報酬プログラムを提供するページ
    (広告クリックなどの作業を行なった
    ユーザーに対して、

    支払いや報酬を約束する)
  5. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けテーマ
    (性行為・暴力・下品な行動・
    一般の視聴者には不適切なもの)
  6. アルコール・タバコ
  7. ギャンブル・ゲーム
    (オンライン現金賭博・
    現金や品物と引き換えることが
    できるマネーなどの宣伝)
  8. ハッキング・クラッキング関連
  9. 武器・兵器関連
  10. 危険・中傷的・暴力的
    (脅迫・他人への誹謗中傷など)

 

結構な量の規約違反のコンテンツがあります。

でもよくよく考えてみれば、

「それもそうか」というコンテンツが結構ありますね。

一つ一つ説明するととんでもない量になりますのでAdSenseのヘルプページに細かくこの禁止コンテンツについて解説しています!

 

自分がせっかく書いた記事がGoogle的に

規約違反になる記事だったら悲しいですよね。。。

なので、この規約違反のコンテンツを

一度しっかり確認しておくことをオススメします!

AdSense公式 禁止コンテンツ一覧

 

広告クリックに関する規約違反

 

続きまして広告クリックに関する規約違反です!

こちらも、

アカウント停止・無効になる場合があります。

  1. 自己クリック
    (自分・家族・友達が広告をクリックすること)
  2. クリックの誘導
    (続きはこちら・もっと詳しいことはこちらなどの誘導)

 

 

グーグルアドセンス に合格して、早速広告貼りますよね♬

 

そして、思うようにクリックされない。。。っと

悩んだ挙句、

 

 

「自分でクリックすれば良いじゃあん!」

 

とか、考えていませんか?

 

しかしそれは絶対にNGなので、やめましょう!笑

 

これをやりますと結構すぐにバレてしまって、

AdSenseアカウント停止になります。

 

そして

「友達・家族にクリックしてもらおおおう!」

この場合も絶対にNGです!

 

さすがに本人で無ければバレないだろう

と思いがちですが、

不自然なクリックというのは、グーグルも厳しく看守しているので、

見つかった時のリスクを考えると、

とてもできることではありません。笑

 

なので、絶対にやめましょう。

 

もし不本意で自分でクリックしてしまったらどうなるのか?

 

上記のように、意図的に、自分でクリックすることは

もちろん規約違反なのですが、

もし意図せずに、

間違えて自分のサイトの広告をクリックしてしまった場合

必要な対処として、 AdSenseヘルプから引用しました。

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

 

↑こちらのように

もし謝ってクリックしてしまった場合

Googleに特別連絡する必要はありません。

 

心の広い優しいグーグルさんですね。

 

こちらも AdSenseヘルプページより

書いてありますので、

不安な方は一度の確認してみてください。

アカウントを適正に運営する

 

 

 

 

まとめ:Googleのルールは守ろう

 

今日は主に、

  • コンテンツに関する規約違反
  • 広告にクリックに関する規約違反

 

について紹介してみました!

もちろんこれらのことを意図的にやるのは

完全アウトすぎて、何も言えませんが、

 

知らず知らずのうちに規約違反をしていた!

そして気づいた頃には

アカウント無効に・・・

という状況になるのが一番辛いですよね。。

 

なので、Googleの規約をもう一度確認して、

アカウント無効になるのは絶対に避けて

ブログ更新していきたいですね

 

【PC無知の初心者】無料のはてなブログから始めてGoogleアドセンスに合格するまで 私ごとですが、 先日はてなブログを開設してから、 約3ヶ月越えの月日を経て Googl...

私も改めて気をつけていきます!

 

 

Nana
Nana
少しでも参考になれば幸いです。

 

 

ではまた次回の記事で会いましょう〜!