ブログ

ブログ初心者必見! 見出し書き方・使い方を解説

見出し
Pocket

Nana
Nana
こんにちは!ブログ完全初心者からでも収益を出すことができました、ナナ(@growup2019)です!

いきなりですが「見出し」って分かりますか?

ブログを始めたばかりの初心者だとブログの記事の書き方、全くわからないですよね。

私も最初はワケが分からず本記事のメインである「見出し」も一切使わずに記事を書いていたりしていました。

具体例:見出しを使っていない悪い例

今回の記事ではそんなブログ初心者にまず知ってほしい

超基本のブログの書き方である【見出しの使い方】を紹介します。

論を先に言いますと「見出し」は超重要です!

なんで見出し重要なの?
Nana
Nana
大きな理由は2つあります。 
  1. 記事が読まれやすくなる
  2. Googleなどの検索エンジンで引っかかりやすくなる(アクセス数増につながる)

さらに見出しをつけるだけで、ブログ初心者でも”それっぽい”いい感じの記事になります。

見出しを使うことはブログ記事を書く上で必須です。

今回の記事の対象の方
  1. ブログを始めたばかり
  2. PC初心者
  3. ブログのことがもう何から何まで知らない

では、さっそく解説していきます。

[h1,h2,h3..]などの見出しとは? 

そもそも見出しって何?

本当そのとおりですよね。まず「見出しってなんやねん!!!」って思いますよね。

Nana
Nana
私も「見出し」という言葉の存在すら知りませんでした。 

見出しとは?

※↑これは「h2」という見出しになります。

見出しとは、タイトルの次にとても大事なものです。

見出しをつけることによって、その記事の全体像を把握することができます。

読者が読む前に「この記事がどんな記事なのか?」イメージできるようになります。

まずどこに見出しの表記があるかと言いますと、

記事の書き方

⬆️『段落』というところを押しますとこのような表記が出てきます。

見出し1〜見出し6までの設定ができることはおわかりいただけたでしょうか?

※「見出し1〜見出し6」のところが「h1〜h6」という表記の場合もあります。

ここの見出しを自分で決めると実際の画面上ではこのような見え方がします。↓

見出し

このように、見出しの数字が小さいと表記の仕方は分かりやすく大きく実際に見ることができます。

ここに見出し1がないのは「見出し1はタイトル」で使われているためです。

先ほどの画像の「ここが見出し1です」というところが見出し1になります。

見出し1は一つの記事に一つ一回だけ使います。

なので本文のなかで見出し1を使うことはありません。

この見出しをつけることによって読者の方に「あ、次はこのことについての話か」と、イメージを持って記事を読むことができます。

ズラァ〜〜〜っと文章だけ書いていたら読みにくいですよね。

「あれ?今なんのことについて話しているんだっけ?」

こんな風に読者に戸惑いが生まれる可能性もあります。

最初は何を見出しで書いていけば分からないと思いますが、どんどんチャレンジして「見出し」を必ず記事に入れていきましょう。

基本的な見出しの3つのポイント

では次に、そんな見出しの基本的な3つのポイントをご紹介させていただきます。

  1. h1はタイトルで使う一回だけの方が望ましい
  2. h2~h6の順番で「見出し」を作る
  3. 見出しにはキーワードを入れてみる

ざっくりですが一つずつ解説していきます。

❶ h1はタイトルで使う一回だけの方が望ましい

まずh1の再確認ですが、、記事の書き方

【ここが見出し1です(大見出し)】というところがh1です。

一つの記事の中にこの大見出しが何個もあったらおかしいですよね。

Googleの検索エンジン的にも見出し1を多様するのはNGです。

見出し1(h1)はタイトル表記の一回だけにしましょう。

❷ h2~h6の順番で「見出し」を作る

ここも重要なポイントです。

「見出し」は見出し2〜見出し6の順番に使ってください。

ちなみに一つの記事に絶対に見出し6まで入れなくてはいけない!という意味ではないです。

例えば・・・

悪い例

タイトル:
h1

本文:
h3
h5
h2

↑この順番だと「h◯」の数字の順番がバラバラなのがわかりますか?

いい例

タイトル:
h1

本文:
h2
h3
h4

一区切りの本文ごとに見出し2〜順番に見出しを作っていくのが基本的なルールです。

ちなみに今回の私の記事を参考に見ていきますと↓

見出し

このような見出し構成になっています。

❸ 見出しにはキーワードを入れてみる

Googleやヤフーなどの検索エンジンも、見出しを重要視しています。

もちろんタイトルにキーワードを入れることもとても大事です。

見出しにもキーワードを入れましょう。

「この記事ではこういうことを書いてますよ〜」的なことをGoogleなどにも知ってもらうためにも見出しは必要です。

検索エンジンが上位にくればくるほど、アクセス数は増えていきます。

キーワードとは?

そもそもキーワードってなにぃぃ??

 

キーワード

このようなGoogleやヤフーの検索エンジンで出てくる、候補を参考にするといいと思います。

例えば今回の私の記事を例にしますと

「ブログ」「初心者」「見出し」

みたいのをキーワードとして意識しているつもりです…笑

こんな一つ一つの単語のようなものをキーワードと言います。

まとめ:見出しは超重要!

ブログ

いかがだったでしょうか?

今日はブログ初心者パソコン初心者の方を対象に

ブログ記事を書く上で超重要な「見出し」について解説させていただきました。

見出しとは文章の小さいタイトルです。

「見出し」をつけることによって、その記事の全体像を把握することができます。

ブログ記事で見出し使う基本的なポイントは

  • h1はタイトルで使う一回だけの方が望ましい
  • h2~h6の順番で「見出し」を作る
  • 見出しにはキーワードを入れてみる

この3つです。

ぜひこんなことを意識してみてブログ記事を書いてみてください。

これをやるだけで、一気に”それっぽい”いい感じなブログ記事になること間違いなしです。笑

 

Nana
Nana
少しでも参考になれば幸いです

ではまた次回の記事で合ましょう〜!