ブログ

【ブログ初心者】読者に読まれる!超重要な記事の書き方~改行と段落~

Pocket

Nana
Nana
こんにちは!ブログ初心者でも収益が出せました、ナナです!

ブログ記事を書く時に、段落や改行を意識して書いていますか?

この記事ではブログを読みやすくする記事の書き方として【段落・改行】に重点をおいて解説していきます^^

ブログ初心者
ブログ初心者
段落・改行の違いって何…?記事を読みやすくする為にはどんな工夫をすればいいんだろう…?

ブログ初心者にとって、読まれやすい記事の書き方ってよく分からないですよね。

読者に記事を最後まで読まれる為にも【段落・改行】の使い方はカナリ重要です。

使い方を間違えてしまうと例えいい記事だとしても最後まで読まれない記事になり、離脱率も上がってしまいます。

私の場合「段落をめっちゃ使えば読みやすい“だろう”」という勝手な自分の解釈で、知らず知らずに典型的な読みにくい段落・改行の使い方をしていました。笑

私の実体験より、早い段階で【段落・改行】の使い方を知っておくと楽だなという思いからこの記事を書いていきます。

ではここから本題に入ります✨

そもそも段落と改行の違いとは?

そもそも段落と改行の違いとは?
Nana
Nana
段落と改行の違い、説明することができますか? 

ここでサクッと確認していきましょう。

段落と改行の違い
そもそも段落と改行の違いとは?

かなりざっくり説明ですが

  • 余白がある文章のもの段落
  • 余白がないものが改行

と覚えておいてください。

WordPressでの段落・改行のやり方は下記の通りです。

段落 Enter
改行 Shift+Enter

 

改行はほどほどに、段落を意識使う

ブログ

私は段落をすることだけ意識して”改行を使わない”ように最近は意識しています。

なぜならばブログでも改行の多用は見にくい文章になるからです。

今回の冒頭の文章を例に見てみましょう。

まず初めに改行も段落もなしのバージョンです。

改行ナシの文章
おお…なんだか読む気が無くなる…

段落・改行なしの文章がズラズラと出てきたら、読むのがめんどくさくなりませんか?

次に改行有りバージョンを見てみましょう。

ブログ初心者
んん…さっきよりは良いけど、途中からどこを読んでいたか分からなくなりそう

これでもまだ、読みにくさが残りますよね。

最後に改行なしの段落だけバージョンを見てみましょう。

改行ありの文章
一番読みやすいかも?

どうでしょうか。

改行なしの段落バージョンが一番スッキリと読まれやすい文章になったと思います。

ブログで記事を書く時には改行はほどほどに、段落を意識して使ってみることをオススメします。

段落の多用は注意!離脱率にもつながる

段落の多用は注意!離脱率にもつながる

「改行は控えめに、段落を使おう!」という話をしてきましたが、ここで注意点です。

段落の使いすぎは逆に読まれない記事となり離脱率が増える

なぜ段落の使いすぎで離脱率が増えることにつながるのでしょうか。

Nana
Nana
具体例として私のブログ始めたての私の記事が参考になります。 

↓ブログの記事構成が待ってくできていない状態ですがご容赦ください笑

参考記事:過去記事で段落多用で読みにくすぎ問題

このように段落を使いすぎると、モバイル上でスクロールする量が増えますよね。

スクロールすると手間もかかります。

手間がかかるということは読者にとって面倒なことになり、最後まで読まれることなく離脱率も上がってしまうわけです。

と言ってもこの参考記事はあまりにも極端すぎるので参考にならないですね。笑

https://twitter.com/growup2019/status/1153939376474165248?s=21

もし自分の傑作の記事だったら最後まで読まれないのは悲しいですよね。少しの工夫で早い段階での離脱率を防いでいきましょう。

読者に読まれやすいリズムがいい文章を書こう

読者に読まれやすいリズムがいい文章を書こう

読者に最後まで記事を読んでもらうためにも、リズムがいい文章を書くのが大事になってきます。

リズムがいい文章とは、スラスラと読める文章です。

ブログ初心者でもできることとして以下の3つを意識していきましょう。

  1. モバイルファーストで記事を書こう
  2. ひと段落の行数は多くても4行までが理想
  3. 4行→2行→1行→3行という感じでリズムを持たせる

1:モバイルファーストで記事を書こう

普段、ブログの記事をパソコンで書いている方が多いかと思います。

そこで注意して欲しいことは、パソコンの画面上で読みやすい文章なのではなく、スマートフォンの画面で読みやすい文章を書くことです。

Nana
Nana
私も他の方のブログを見るときは99%モバイルから見ます。 

今や8割以上の人がモバイルからネットを見る時代になっています。

そんな時にパソコンにフォーカスを当てるのではなく、モバイルを重点に読みやすい記事を書いていくことが無難ではないでしょうか。

2:ひと段落の行数は多くても4行までが理想

モバイルファーストで書くこととして大事なのが、スマホの画面上でブログを見た時に、ひと段落のの文章が4行以内であることです。

実際に本記事をモバイル画面から見ていきましょう。

ブログ初心者

パソコンの画面上では段落を分けたつもりが、モバイルで見た時ひと段落の文章が長すぎて6〜7行で表示されていますよね。

これだとモバイルファーストとは言えません。

Nana
Nana
モバイルファーストを意識してひと段落4行以内にすると以下のようになります。 

4行以内に文章をかくと下記のようになります。↓

ブログ初心者

ひと段落が4行以内に収まっていることが確認できるでしょうか?

ひと段落の塊が5行以上あると一気に全体が黒っぽい読みにくい印象を与えてしまいます。

多くても4行以内に段落を変えることを意識してみてください。

3:4行→2行→1行→3行という感じでリズムを持たせる

ここまでブログをと見やすくするために

  1. モバイルファーストで書こう
  2. ひと段落の行数は多くても4行が理想

ということを紹介してきました。

最後にリズムがいい文章を書くためには、ひとつの段落ごとに変化を持たせましょう。

Nana
Nana
初心者でもできる簡単な変化の工夫です! 

ではまたまた具体例です。

ブログ初心者

モバイルで見た時に、「2行→3行→4行→2行」と、ひと段落ごとに行数が変わっているのがお分かりでしょうか?

「4行→4行→4行→4行」のような文章が連続されるとリズムのない文章になってしまいます。

少し意識してひと段落ごとの行数に変化を持してみましょう。

ちょっとした工夫で、読者に最後まで読まれる記事になったら嬉しいですよね。

Nana
Nana
私もまだまだです汗

まとめ:段落を上手く使って読まれる文章を書こう

まとめ:段落を上手く使って読まれる文章を書こう

【段落・改行の意味の違い】【読者に読まれるブログの書き方 段落編】を紹介していきました。

これを紹介した理由は3ヶ月前に私がブログ記事での段落・改行の使い方がめちゃくちゃだったからです。

Nana
Nana
修正箇所がありすぎてリライトが大変です。

少しでも早めの段階でこの段落と改行の違い、段落の使い方などを知れていたらよかったなぁと思い紹介させていただきました。

他にもブログ初心者でもできる見出しの使い方なども紹介しています。

関連記事:ブログ初心者必見!見出しの書き方・使い方

見出しも少しの知識があるだけで、ブログっぽい記事を書けることができます。

私も引き続き、リズム感のある読みやすい文章が書けるように日々のブログ更新で勉強していきます。

関連記事:100記事達成!収益公開とそれ以外に得たものとは?

Nana
Nana
少しでも参考になれば幸いです。 

ではまた次回の記事で会いましょうー!